ユニゾンのENSEMBlog

「人と組織のマネジメント」にユニークな価値を提供し続ける企業
「株式会社ユニゾン」
マネジメント研修を事業のドメインに据える
同社の社長とスタッフたち(ときどき)とで綴るブログです。
頻度はそこそこ、中身は真面目にがモットーです。

言葉

ASAP

【PR】『はじめての管理職100問100答』こちらから購入できます!【PR】

仕事柄、私たちは色々な組織にお邪魔します。

そうすると、その組織の中にいると気づかないであろう、
その組織に固有の考え方や習慣、価値観などが見えてきます。

以前、同じようなテーマで“言葉文化”を取り上げたことがありますが、
今回はその組織に固有の“時間文化”を取り上げてみようと思います。

“時間”にまつわる組織の文化は“言葉”と同様に、
組織によって大きく異なるものの1つであると感じています。
最も特徴的なのが、「すぐに」という言葉の持つ時間感覚。
これは、組織によって相当大きな開きがあるようです。

例えば、「すぐに」と言えば1時間以内という認識が幅を利かす組織もあれば、
1ヶ月以内であれば「すぐに」の範囲内であるという組織もあります。

また、同じ企業内でも、毎月毎月結果を求められる営業部隊と、
息の長いプロジェクトを担当する研究開発部門とでは、
「すぐに」の意味する時間感覚は異なるようです。

そして、そのような時間感覚の差は、
その組織の納期意識の差となって現れてきます。

仕事をする上でどの程度の納期を設定するかは、
ビジネスを勝ち抜く上における非常に重要なファクターです。
できるだけ前倒して設定できているのか、
最終成果を評価する納期の前に第一結論を出す“プロセスの納期”
が設定できているかどうか…そんなところで組織の優劣が決まります。

多くの組織とお付き合いをさせていただく中で痛感するのは、
納期をより短く設定する組織、より詳細に設定する組織が、
ビジネスにおいては大方の場合勝利するという原理原則です。

そうなると、この「すぐに」の時間感覚は、
組織文化を客観視する有用なものさしになるはずです。

『ウチの「すぐに」はどれくらいだろう?
 そう言えば、部下に「すぐに提出しろ」といった企画書案が、
 1週間も出てきてないなぁ…』

これではマズイかもしれません。

組織の文化は言葉に表れる

【PR】『はじめての管理職100問100答』こちらから購入できます!【PR】

研修講師の仕事を始めてから、
組織によって「○○がこんなにも異なるんだ!?」と驚くことは多い。

例えば、同じ研修プログラムを違う企業の課長職に実施したとする。
プログラムの中には、あるテーマについてグループで討議して、
討議した結果を模造紙にまとめて発表する、という課題がある。

その、模造紙にまとめる“まとめ方”一つをとってみても、
それぞれの企業や組織の個性が出てくる。

理系出身者が多いメーカーの技術系の課長職研修では、
マインドマップやフローチャートなどの図解が多く出てくるのに対して、
販売会社の営業マネージャー研修などの営業系の課長研修では、
生々しい数字と堅い文字が多く書かれている、と言った具合だ。

これは当然と言えば当然と言えるかもしれない事象だが、
この仕事を始めて、私が一番驚いたのは、企業や組織によって、
「使われる言葉が、これほどまでに違うものなのだ!」ということだ。
企業や組織の文化は、話す言葉にも色濃く表れる。

無論、それを悪いことだと言うつもりは毛頭ない。
しかし時には、使っている言葉を点検してみる必要があるのでは?
と強く感じることもある。

以前、ある大手企業の課長研修を担当した時の話である。
グループ討議の際、各グループから、何やらこちらが眉をひそめたくなる
ような言葉が聞こえてくる。「まさか?」とは思いつつ、耳を澄ませて
話を聞いてみても、やはり、あからさまに女性を蔑視する言葉なのだ。

私が「その○○という言葉はどういう意味で使っています?」と尋ねると、
やはり、女性を低く扱う言葉として使っていることがわかった。

「今のご時世、そんな言葉を使っているのは問題ですよ!」
私が指摘すると、ほとんどの受講者が最初はきょとんとした様子だったが、
やがて受講者の1人が反省の弁を述べた。

「入社した頃は違和感を感じていた言葉だったんですが、
 役員以下すべての上役たちが使う言葉だったので…
 私たちも麻痺してきていたのかもしれません…」

彼ら1人ひとりは他の組織と比べて、むしろ紳士的と呼べる方々だった。
そんな彼らをしても、組織の文化には染まっていくのである。
そして組織の文化は、その組織に属する人間が普段使う言葉にも表れる。

繰り返し申し上げるが、だからこそ私たちは、
自分たちが普段使っている言葉を、時には点検してみる必要があるのだ。

この出来事が私に教えてくれた通り、私たちが使う言葉、
ひいては、私たちの内輪の文化がすでに社会通念から逸脱してしまっている、
などということが、発生しているかもしれないからである。

組織固有の・・・

【PR】『はじめての管理職100問100答』こちらから購入できます!【PR】

普段何気なく使っている言葉でも、
実はその組織に固有の言葉であることが少なくない。
その業界や会社でしか通じない専門用語や略語の類はもちろんのこと、
一般的なビジネス用語ですら組織固有の言葉となっているケースも多い。

例えば、営業の“見込み”に関する言葉は実に多用である。
“見込み”自体を“芽(あるいは目)”と呼んでいる組織や
“プロスペクト”、“フォーキャスト”などと呼ぶ組織もある。
また、見込みの度合い(ランク)を表す言葉に至っては、
アルファベットで「ABC」と表現したり、逆に後ろから「XYZ」で表したり、
「Must・Want・Will」と表記したりする組織などさまざま。

このような組織固有の言葉にもトレンドがあるようだ。最近の傾向としては、
外資系企業に限らず横文字言葉を用いる組織が増えている気がする。前記した
“プロスペクト”という言葉は、私が転職した際に面食らった言葉の一つ。
「下期プロスペクトのフォーキャストはどう?」と上司に尋ねられ、
「“プロスペクト”、フォーキャスト”って何ですか?」と尋ねた覚えがある。

ほかにも“アジェンダ”“フィックス”などの言葉は転職後に覚えた言葉だ。
「今日のアジェンダは、あれでフィックスだよね?」と使ったりする。
これらの言葉は英和辞書を引けば意味がわかるので解読不能ではない。
困るのは広くビジネスで利用されるものでありながら、組織固有の横文字を
与えられているローカル言葉である。

皆さんは“パワーポイント”で作成したデータ、
もしくはスライド自体を何と呼んでいるだろうか?
“スライド”“パワポ”“PP(PPT)”と呼ぶ方が多いかもしれない。
これを、私の前職の組織では“ピッチ”と呼んでいた。
誰もが普通に“ピッチ”と表現するので、新入社員がお客さんの前で
「それでは、ピッチをご覧下さい」と言ってしまったりする。

この程度の言葉の違いだけであれば大きな問題ではない。
しかし、これが組織固有の価値観や考え方であればどうだろう?
私たちが“普通だ”と思っていることが、組織の外に出てしまうと
まるで通用しないということも起こりうる。

組織は外に対して開かれていなければならない、という所以であろう。

流行り言葉〜アルファベット略語〜

【PR】『はじめての管理職100問100答』こちらから購入できます!【PR】

“KY”“ND”“AY”…。
皆様何の略かおわかりになりますか?
まるで暗号のようです。

それもそのはず、一説によるとこのような言葉は
中高生(特に女の子)の間で“友達同士のヒミツサイン”
として最初は使われていたとのこと。

それぞれの言葉の意味は下記の通りです。

KY=「空気(K)読めない(Y)」
ND=「人間(N)としてどうかと(D)思う」
AY=「頭(A)弱い(Y)」

いつの時代も若者は興味深い文化を生みだすものです。
unison neoも、初めて「KY」という言い方と意味を知った時
おもしろがり、飲み会などで喧伝していました。

私が使っていると、周囲の友人の中の多くもまた、
おもしろがってまたさかんに口にしだしました。

考えてみると隠語的な要素、刺激的なその意味、
略語の使いやすさ、口に付く音感…流行る素地のある言葉たち
だと中高生の創造性につくづく関心します。

ちなみに私が高校時代に流行っていた言葉は
コギャル、孫ギャル、汚ギャル… だったような気がします。
“ギャル”という言葉の全盛期でした。

今後、どのような言葉がでてきるのか楽しみです。

リーダーは、どこに汗をかくのか?

【PR】『はじめての管理職100問100問』こちらから購入できます!【PR】

第74第内角総理大臣だった竹下登氏の言葉に
『汗は自分で、手柄は人に』というものがあるそうです。

竹下氏自身がどのような人だったのかは存じませんが、
とても良い言葉だと思います。と同時に、これを実践するのは
なかなか難しいことだとも思います。

管理職研修を生業としている私たちは、様々な企業のTOPに
お目にかかる機会があります。そのような企業のTOPの方と
話をさせていただく度に感じるのは、冒頭の言葉をそのまま
やってのけている方が多いということです。

しかし、昨今の管理職を見てみると、この“汗をかく”という
言葉を、自分が現場に出て自ら成果を上げることと捉えている
方が増加しているように感じます。

同じ“汗をかく”にも、汗をかく場所によって違いがあると思います。
「額」「脳」「ハラ」の3つです。

「額に汗をかく」というのは、活動量を上げるということです。
「脳に汗をかく」というのは、頭をフルに使うということです。
「ハラに汗をかく」というのは、“ハラを括る”ということです。

管理職として、額や脳に汗をかくことはもちろん大切です。
その上で、ハラに汗をかかなければ、
管理職として良い仕事ができないと思います。

ビジネスとは矛盾ばかりです。
困難な状況下でも、額と脳に汗をかき尽くした上で、
ハラを括り責任を持って“エイッ”とチャレンジングな方針を
打ち出すことができるのが、本来の管理職の姿ではないでしょうか?
そんな管理職の周りには、自ずと優秀な人材が育ち、部下も本人も
良い仕事をしているように感じます。

暑い日が続いているというのに、“汗”の話で大変失礼しました。

きめつけ・こだわり・思いこみ

私は思いこみが強い。

数年前から春が近づくと鼻がぐちゅぐちゅ、目がかゆくなる時がある。
周りからは「花粉症だよ」と言われるが私は違うと思っている。
そうするとその時その時の症状だけでアレルギーはとまる。

おなかの調子が悪いときは乳酸菌飲料を飲む。
「ビフィズス菌はおなかに良い!」と思っているからである。
実際飲むとおなかの調子が良くなる。

私は、病は気だと思いこんでいる。
今までも、実際に思いこみで治してきた。

しかし、こと仕事に関しての思いこみは良くない。
私どもの研修で“KKO”をしないようにお話しする。
“KKO”とは、「きめつけ・こだわり・思いこみ」である。

お客様の気持ちや状況を勝手に解釈・理解し納得してしまうことがある。
しかし、冷静な時には、お客様に自分の解釈を確認することがある。
そうすると、私の思いこみとは違った回答を頂いたりする。

よほど親しい間柄でない限り、言葉にして表さないと自分の気持ちは
伝わらない。
そして相手の気持ちもわからない。

私の想像世界などとても小さいものである。

「KKO」を取り除き、お客様のお役にたてる営業と成長すべく、
更なる飛躍を遂げたいと思う今日この頃である。

よくやった?ありがとう?

管理職の方は、部下が成果を上げたときに
どのような言葉をかけているのでしょう?

あるいは、自分が成果を上げたときに
上司からどのような言葉をかけてもらっているのでしょう?

最近では、成果が見えやすい営業の現場ですら、
上司が部下に声をかける場面が減ってきています。

声をかけるとしても、せいぜい、「お疲れ様!」とか「ご苦労様!」など、
比較的控えめな言葉をかけるのが主流となっているようです。

上司も部下も、“わざとらしくなく”クールに振る舞うのが
最近の流儀なのかもしれません。
しかし、管理職教育に熱心な企業ほど
上司が部下のことを褒める瞬間を大切にしています。

さて、その際に上司が部下にかける言葉が問題となります。

「よくやった!」と部下の労をねぎらう言葉をかけるのか、
「ありがとう!」と感謝の言葉をかけるのか。

多くの管理職研修では、「よくやった!」「よく頑張った!」など、
ねぎらい型の言葉をかけるのがスタンダードとされています。
ねぎらい型の言葉は、部下に自信をつけさせて一層の成長を期待することを
伝える効果があると言われています。

一方、「ありがとう!」に代表される感謝型の言葉は、
部下が上司を尊敬している場合や、
チーム内に濃密なコミュニケーションが保たれている場合に有効です。

逆に言えば、そのような環境にないと
“あなた(上司)のために仕事をしているのではない!”
という抵抗感を部下が抱く危険性があります。

実際には、「おめでとう!よく頑張ったね!」
「ありがとう!君のお陰でチームの予算が達成できたよ!」など、
いくつかの言葉を組み合わせて利用するケースが多いはずです。

どんな言葉をかけるにせよ、
この瞬間は、部下のモチベーションに影響を与える重要な瞬間です。
また上司にとっては、普段の仕事ぶりや人間性が問われる瞬間でもあるのです。
ユニゾンの書籍


『はじめての管理職100問100答』

(株)ユニゾン 堤幸政/河村亜紀 著

明日香出版社

QRコード
QRコード
最近のコメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
twitter