ユニゾンのENSEMBlog

「人と組織のマネジメント」にユニークな価値を提供し続ける企業
「株式会社ユニゾン」
マネジメント研修を事業のドメインに据える
同社の社長とスタッフたち(ときどき)とで綴るブログです。
頻度はそこそこ、中身は真面目にがモットーです。

紅葉

旅行記 -名古屋編-

【PR】『はじめての管理職100問100答』こちらから購入できます!【PR】

週末、弟がいる名古屋へ両親と遊びに行ってきました。
今回は名古屋にて富山に住んでいる知人家族と合流し、
賑やかな週末となりました。

合流した家族は私の幼稚園時代の同級生ですが、
未だに家族ぐるみの付き合いをしています。
5年ほど前に富山に引っ越してからも、両家族で毎年
スキー旅行などに一緒に行っています。

日本全国広い中、先方の息子さんは岐阜県多治見市に勤務、
私の弟は名古屋に勤務。偶然にも近くになり本人達よりも
親同士が喜んでいます。

そんなこんなで、多忙な弟への陣中見舞いにかこつけて、
お互いの家族みんなで押し掛けて、楽しい週末を過ごしてまいりました。

紅葉帰り道、普段なら東名高速道路を使うところ、
今回は中央道を使いました。
その時見た景色がこの写真です。

紅葉もとても綺麗だったのですが、にわか雨の後に
虹がでてきたので急いで撮影しました。
この景色に出会え、今回は中央道にして正解でした。

東京にいるときは地下鉄移動が多く、外の景色を見る機会があまり
ないため、この週末まで秋の景色を見逃していました。
片道6時間という体力消耗の旅でしたが、おかげで紅葉を
楽しむことができよかったです。

散り際の美しさ

週末の朝、目が覚めて外をみたら
いつの間にか葉っぱがきれいに色づいていた。

私自身はどちらかというと、新緑の季節が好きである。
青々とした新緑を見ていると、とてもきれいで生命力を感じるからだ。
しかし、秋になり、紅葉を見ると、やはり紅葉も捨てがたいなぁと思う。

実際に、テレビでの特集数にしても、ツアーが組まれている数にしても
世間では紅葉のほうが断然人気がある。

「散り際の美しさ」が投げかけてくるものがあるのだろうか。

私自身の散り際は、まだ想像できない。
ただ、元サッカー選手の中田氏にしても、元野球選手の新庄氏
にしても去り際が潔よかったことに共感を覚えた。
だからこそみんなの心にも残る物があったのだろう。

私も、そんな去り際が迎えられるよう、これから先
その時その瞬間を一生懸命、歩んでいきたい。
ユニゾンの書籍


『はじめての管理職100問100答』

(株)ユニゾン 堤幸政/河村亜紀 著

明日香出版社

QRコード
QRコード
最近のコメント
最近のトラックバック
働くニホン (課長ほど素敵なショーバイはない!?)
働くニホン
ビアフェス (みんなが注目してるコトとは?)
ビバ!ビアフェス!!
サラリーマン川柳 (いま話題の検索語とは?)
サラリーマン川柳
第一生命のサラリーマン川柳 (気になるニュース解剖ブログ)
サラリーマン川柳
人に人を紹介すること (ユニゾンのENSEMBlog)
お墨付き
twitter