ユニゾンのENSEMBlog

「人と組織のマネジメント」にユニークな価値を提供し続ける企業
「株式会社ユニゾン」
マネジメント研修を事業のドメインに据える
同社の社長とスタッフたち(ときどき)とで綴るブログです。
頻度はそこそこ、中身は真面目にがモットーです。

男女雇用機会均等法

ゆとり世代は男子も「一般職」

【PR】『はじめての管理職100問100答』こちらから購入できます!【PR】



日経ビジネスの最新号(4月12日号)に本日のタイトル、
『ゆとり世代は男子も「一般職」』という記事が載っていた。

昨年の就活、すなわち今年の新人が就職活動をしていた頃から、
男子学生の一部が一般職を希望しているとの報道がなされている。
今回の記事によれば、来年春の採用に向けた学生の就活においても
同様の傾向が見られ、しかもこの傾向が広がりつつあると言う。

彼らが一般職を志望する最大の理由として挙げられていたのは、
「遠方への転勤がないこと」。他には、今までは派遣に流れていた
学生たちの正社員志向が背景にあるとの見方も紹介されていた。続きを読む

パーソンな時代

【PR】『はじめての管理職100問100答』こちらから購入できます!【PR】

“ビジネスマン”と“ビジネスパーソン”、
皆さんはどちらの呼称がしっくりとくるだろうか?

昨今の研修業界では“ビジネスパーソン”とするのが一般的。
多くのメディアでも“ビジネスマン”の使用頻度が減っている。
この背景には、1999年に実施された男女雇用機会均等法の改正がある。

当時の改正で、募集・採用・配置・昇進・定年・解雇などにおいて、
男女差を設けることが禁止された。法改正によって身近なところでは、
看護婦を看護士に、スチュワーデスを客室乗務員(キャビンアテンダント、
もしくはフライトアテンダント)などと呼ぶようになったのである。

さて、くだんの“ビジネスパーソン”という呼称についてである。
当社の研修講師が数年前の新入社員研修において、“ビジネスマン”と
いう呼称を用いて研修を進めていたところ、ある女性の新入社員から
「私たちはビジネスマンではありません!」との猛烈な抗議を受けた。
以来、私たちもビジネスマンをビジネスパーソン、営業マンのことを
営業パーソンなどと呼ぶようにしている。

そもそも“マン(man)”には“人”という意味も含まれているので、
そこまで神経をとがらせる必要もないのではないか?とは思うものの、
ドラマ化された「働きマン(モーレツに働くOLを主人公とした漫画)」
に象徴されるように、“マン=男”という観念が多くの人の中で固定化
されていることを感じるのも事実である。

とは言え、いまだ巷には、○○マンという表現が少なくない。
これらをすべて“パーソン”に置き換えなければならないとすると、
違和感を感じるものもある。例えば、「カメラマン→カメラパーソン」
「アイデアマン→アイデアパーソン」「商社マン→商社パーソン」など。

そんな中でも私の極めつきは、「サラリーマン→サラリーパーソン」。
「リーマン」などいう短縮語も一般に使われることもある今日日、
「リーパー」や「リーソン」ではビジネスマン、否、ビジネスパーソン
のイメージダウンにもつながりかねないと思うのだが…。
ユニゾンの書籍


『はじめての管理職100問100答』

(株)ユニゾン 堤幸政/河村亜紀 著

明日香出版社

QRコード
QRコード
最近のコメント
最近のトラックバック
働くニホン (課長ほど素敵なショーバイはない!?)
働くニホン
ビアフェス (みんなが注目してるコトとは?)
ビバ!ビアフェス!!
サラリーマン川柳 (いま話題の検索語とは?)
サラリーマン川柳
第一生命のサラリーマン川柳 (気になるニュース解剖ブログ)
サラリーマン川柳
人に人を紹介すること (ユニゾンのENSEMBlog)
お墨付き
twitter