ユニゾンのENSEMBlog

「人と組織のマネジメント」にユニークな価値を提供し続ける企業
「株式会社ユニゾン」
マネジメント研修を事業のドメインに据える
同社の社長とスタッフたち(ときどき)とで綴るブログです。
頻度はそこそこ、中身は真面目にがモットーです。

就活

女性に人気の職種

【PR】『はじめての管理職100問100答』こちらから購入できます!【PR】

「女性に人気の職種ランキング30」を載せているサイト
(とらばーゆのHPより)があったのでお邪魔してみました。
企業での女性活用が促進されている中、
当の女性の興味はどこに向かっているのでしょうか。

1位 一般事務
2位 受付
3位 経理・財務・会計



根強い人気のオフィスワーク。
最近は転勤がないということで男性の学生にも
人気があるようです。

さて、私の職種“営業”ですが、残念ながらランク外と
なっていました。
先日、男性の学生の間で営業職の人気が上がってきたという
記事を読みましたが女性にはまだ敬遠されているようです。

全体的に見ると、人気が高い職種は、秘書・経理・財務・会計・通訳など
経験とキャリアを積むことにより、もし育児休暇などを取得し、現場を
一定期間離れても比較的戻りやすい専門性のある職種のようです。

最近の傾向としては、長く働きたいと思っている女性が
多くなっていると感じています。営業職に人気が集まらない理由の
1つは、子どもを持った後同じように働いていくのは難しいという
ことがあるかもしれません。

女性で“営業”をやっています、というと驚かれることがまだまだ
多くあります。
しかし以前に比べ企業も育児休暇などの制度を整えてきています。
女性が営業職を選択しても、出産などが問題にならず、無理なく働くことが
できるビジネスモデルが増えれば、営業の楽しさ、つらさを同性同士で
語り合ったりできるでしょう。
将来、そんな機会が増えることが楽しみです。

圧迫面接

【PR】『はじめての管理職100問100答』こちらから購入できます!【PR】

皆さんは“圧迫面接”なる言葉をご存じだろうか?

多くは企業の面接において、受験者に対して面接官が
威圧的な態度で臨むタイプの面接をそのように呼ぶ(らしい)。
我が社のいわゆる氷河期世代のスタッフには馴染みの言葉である。

彼らシューカツ(就職活動)の猛者たちに聞いてみると…
履歴書の長所の欄に“笑顔”と書いてあることを面接官に問われ、
「そんなに笑顔に自信があるなら、こんなことも平気だよね」と
面前で履歴書を破られる、というような驚くべき圧迫面接(?)も
あったということだ。

反面オジサン世代からすると、なぜそれが“圧迫”なのか?と
首をかしげたくなるような話もある。彼らの仲間内では、面接官から

「他にもいい会社があるのに、なぜ当社を受けるんですか?」とか、
「どうして厳しい営業職を志望するんですか?」とか、
「もし不採用になったらどうしますか?」など、

私の感覚からすれば普通に投げかけてしまいそうな質問を受けると、
あそこの会社は“圧迫面接だった”と吹聴する友人もいたとのこと。
売り手市場の昨今は、企業側が“圧迫面接”の風評が立つことに
ピリピリしている姿が目に浮かぶ。

昨日の日経新聞一面にも特集記事が掲載されていたが、
氷河期世代と雪解け世代が持つ企業や働くことに対する価値観には、
相当な格差が存在するであろうと想像させる話だった。

バブルへGO!!

阿部寛さん、広末涼子さんらが出演している
「バブルへGO!!」という映画が上映されている。
バブル絶頂期にタイムスリップするという話らしい。

この映画にとどまらず、最近バブル期の音楽やアニメなどの
文化や風俗がメディアに乗って耳目に触れてくる機会が多い。
経済界も大手企業の多くが最高益を更新するなどの好景気を受け、
「バブルの再来か!」との見方をする人もいるようだ。

私はいわゆるバブルの後半に社会人となった。
大手メーカーに就職した私の同期はなんと400人。
氷河期世代に言わせれば、きっと“夢のような時代”だったろう。

その“夢のような時代”が再来しているらしい。主要企業の
2008年春の新卒採用予定数が当時を超えるところも少なくない。
少なくとも数の上では、学生の就活状況はバブル期に似ている。

しかし、その中身を見てみると当時とは様相が異なるようだ。
私たちの頃は、とにかく頭数を揃えれば業績が上がるという雰囲気が、
企業側にもあったような気がする(まったくの私感である)。
今は、数は欲しいけれども優秀でない学生は要らない
という態度を示して、その通り実行する企業が多いと聞く。

職場環境や仕事環境もバブル期とは随分違う。
私が入社したての頃、職場や仕事はとってもアナログであった。
職場のコミュニケーションは、直接対話でするしかない。
暇そうに話しかけてくる上司もいた。職場の社員旅行があった。
パソコンは課に一台、手書きの書類が多かった。
資料なども切り貼り(はさみとのりで)で作ったりしていた。
もちろん、職場にインターネットはやってきていなかった。

今振り返ってみると、おおらかな時代だった。

20年後、今の職場にタイムスリップしたとしても、
あの頃はおおらかな時代だった、と振り返る人がいるだろうか。
ユニゾンの書籍


『はじめての管理職100問100答』

(株)ユニゾン 堤幸政/河村亜紀 著

明日香出版社

QRコード
QRコード
最近のコメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
twitter