ユニゾンのENSEMBlog

「人と組織のマネジメント」にユニークな価値を提供し続ける企業
「株式会社ユニゾン」
マネジメント研修を事業のドメインに据える
同社の社長とスタッフたち(ときどき)とで綴るブログです。
頻度はそこそこ、中身は真面目にがモットーです。

伊勢神宮

お伊勢参り

先週のブログで予告させていただいたとおり3連休を利用して
お伊勢参りに行ってきました。

日の出お伊勢さん







しかし、台風の影響で初日は雨…夕方からは風も強くなり
宿から遠出はできませんでした。
とはいえ、「せっかく来たのに宿にいるのももったいない!」ということで、
作業用のしっかりしたレインコートを着て台風の中観光へ。
行き先は、宿から徒歩3分程の“夫婦岩”で有名な「二見興玉神社」です。

この神社は日の出を見る場所としても有名です。
夏季は夫婦岩の間から昇る日の出を見ることができるということで、
最終日に午前4時半という早起きをし、再び参拝しました。
その日の、日の出時刻が5時少し前だったので「4時45分に着けば平気だな」と
思い出かけましたが、既に絶景のポイントは大勢の人で埋め尽くされていました。
その為、少し右よりの日の出(写真左)を拝むこととなりました。
ベストポジションは確保できませんでしたが、とても綺麗でしばらく
見入っていました。

もうひとつの写真が、皇大神宮の鳥居を撮したものです。
まだ台風の余韻の残る天候でしたが、ツアー客を始め、とても多くの方が
参拝に訪れていました。

伊勢神宮は20年に1回神宮式年遷宮が行われるため、
建物はとてもきれいで、建物に古さを感じることはありませんでした。
しかし、伊勢神宮全体の雰囲気と深い緑が“厳かさ”を醸し出していました。

片道8時間の長旅だったので体力的には大変でしたが、
精神的にはとても満たされ、充実したお伊勢参りでした。

ホタルを見よう!ビールを飲もう!

先日、飯田橋にある「東京大神宮」にお参りに行きました。
東京大神宮は「東京のお伊勢さま」と称され親しまれています。

お参りに行ったのだし東京大神宮の基礎情報を知りたい、
と思いホームページを開きました。
トップページ右下に「せせらぎ情報」というのがあり
気になってクリックしてみると…。

ホタルを境内にて見られるよう拝殿の横に「せせらぎ」
をつくったとのこと。
まさか東京のど真ん中でホタルを見ることができるとは。
6/1より夏期期間は夜9時まで境内を開放していて気象条件が良ければ
ホタルを見ることができるそうです。

インターネットで探すと、夏の風物詩であるホタルは今の時期
多くの情報が出ています。
「きっず-ホタルを見に行こう!2007特集」
というサイトを見ると全国のホタルスポット情報が載っています。

このサイトのトップページ右下にまたまたおもしろいアンケート結果が。

“ホタル"と聞いて連想するものは?

1位:火垂るの墓。…有名な作品です。
2位:ホタルイカ。…富山の名産です。

ホタルイカはおいしいですよね。
私はこのアンケートを見ていて、ホタルイカからビールを連想し
飲みたくなっていまいました。

なかなか花より団子からは抜けられません。
ユニゾンの書籍


『はじめての管理職100問100答』

(株)ユニゾン 堤幸政/河村亜紀 著

明日香出版社

QRコード
QRコード
最近のコメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
twitter