ユニゾンのENSEMBlog

「人と組織のマネジメント」にユニークな価値を提供し続ける企業
「株式会社ユニゾン」
マネジメント研修を事業のドメインに据える
同社の社長とスタッフたち(ときどき)とで綴るブログです。
頻度はそこそこ、中身は真面目にがモットーです。

ビジネスマナー

社内向けと社外向けのマナー

【PR】『はじめての管理職100問100答』こちらから購入できます!【PR】

新入社員研修で取り上げるビジネスマナーには、
挨拶や電話応対、文書作成などがありますが、実際の研修では
それぞれ社内向け、社外向けのマナーをご紹介しています。

簡単な例としては、社内に対しては「お疲れ様です」という挨拶が、
社外に対しては「お世話になっております」になる、ということなどです。

その際ユニゾンでは、特に社外向けのマナーに注力して教えるようにしています。

例えば新入社員の方は、電話応対の際、緊張と混乱で、内線と外線の区別が
つかず、すぐに言葉が出てこなかったりするケースがあります。
そんな方には、社内・社外の形にこだわらず、全部の電話に対して、
「お電話ありがとうございます。○○株式会社、新入社員の△△でございます」
という対応をして下さい、とお伝えしています。

理由は、社外に通じる丁寧さや内容で対応しておけば、
社内に向けても丁寧すぎて困ることはないという考え方からです。
また、たとえ社内に対しては間違った対応であったとしても、
社外に対して失礼になることよりは、会社にとっても、本人にとっても
傷が浅いということもあります。

しかし、そのように社外向けのマナーに重きを置いてお伝えすると、
「先輩が厳しいから、社外よりも社内を意識するように伝えて欲しい」
という現場の方の意見を伺うことがあります。
もちろん、“社内も社外も”適切に対応できるのがベストです。
ただこのように、“社外より社内を”となると話は違ってきます。

このようなご意見は、厳しい先輩達から新入社員を守ってあげたい、
大切にしたい、という“優しさ”から発せられているのだろうと思います。
しかし本当の“優しさ”とは、まず社会人としてどこに出しても
恥ずかしくないビジネス人としての基本を教えることだと思います。

それは、社外に対する礼節よりも優先すべき社内のルールがある、
ということでは決してないと思うのです。

マナー美人

【PR】『はじめての管理職100問100答』こちらから購入できます!【PR】

unison2unison1と回ってきた新入社員研修バトン(?)
ということで、本日は私neoが新入社員研修のトピックを。

営業ウーマンとして新入社員研修の実施企画のご相談をいただく
この時期は、自分自身のマナーを見直す良い機会でもあります。

世間一般的にマナーとは“相手に対する思いやり”と言われます。
身だしなみから始まり、挨拶や言葉遣い、電話応対、名刺交換など、
それぞれのありようで、人を心地よくも不愉快にもさせるものです。

新入社員研修で扱うテーマは、上記のようなビジネスの場面を
想定したマナーが多いもの。しかし実際、マナーというのは
ありとあらゆる所で現れてくるものです。

つい最近の出来事ですが、会社のトイレの洗面台に立っていた時、
私の隣で手を洗っていた方が、洗面台の周りにはねた水しぶきを
さっと拭いて出ていかれたことがありました。
その仕草がとても素敵だったので、以来私も実践しています。

お掃除をして下さる方など、実際にお会いしない方への配慮と
いうのはとかく忘れてしまいがちです。

今年の新入社員研修では、見せかけだけのマナーだけではなく、
ふとした時の振る舞いに現れる“心からのマナー”を皆さんに
お伝えできるような研修にしたいと思っています。

今昔、ビジネスマナー考

メモを取るな、頂いた名刺を机の上に並べるなんてもってのほか…
最近の新人研修やビジネスマナー研修を受けている方々からすると
びっくりするようなマナーがセオリーだった時代がある。

メモを取らずとも上役やお客様の言っていることは全部覚えなくては
失礼であるだとか、名刺を並べずとも頂いた瞬間にお名前、部署、役職
くらいは頭にたたき込めであるとか。

もちろん、昨今では旧来のマナーでは無理が出てくることも多いため、
少しずつ許容され、今のようなスタイルになったのだと推察できる。

お客様が何人いらっしゃろうが、順番通りお名刺を並べ、見比べながら
お話ができる現代の営業マンは非常に恵まれている。
逆にかつての営業マン達は、現代よりもそれぞれの商談が
真剣勝負であっただろうと想像できる。

メモをしたことをメモするなどという笑い話もあるが、メモをしたために
安心して忘れてしまったということも良くある話。
実践は難しいけれど、近年のビジネスマンも、かつての営業マンくらいの
腹づもりで名刺交換に望むような意識は持つべきかもしれない。

目は口ほどに・・・

みなさんが他人と話すとき、相手のどこを見ているでしょう?
もちろん、目を見て話すという方が圧倒的に多いと思います。

相手がビジネスのお客様であればなおのこと、
“あなたの話に心から耳を傾けています”という姿勢を示すには、
やはり相手の目を見て会話をするのがスタンダードです。

しかし、そのようなビジネスの現場でも、相手に目を合わせない、
目を合わせることができない人を見かけることがあります。

このような人たちには、社会不安障害(SAD)などの病気でもない限り、
目を合わせる行為の大切さを、しっかりと認識してほしいものです。

逆に、目を合わせない行為にもその意味と効果があります。

最近インド出張から帰ってきた友人によれば、
観光地で現地の物売りには絶対目を合わせてはならない!
そうガイドに念押しされたとのことでした。

目を合わせたら最後、
彼らは“この日本人は買ってくれる”と判断して、土産物を両手に掲げ、
こちらが何度断ろうが執拗につきまとってくるのだそうです。

私たちも、その人とお近づきになりたくない場合や、
その人の提案や誘いを拒絶したい意志がある場合には、
相手に目を合わせないようにすることが多いのではないでしょうか。

目を合わせる(合わせない)行為には、万国共通の理があるようです。

先週読んだ米原万里さんの本にも、多くの日本人が握手をする際に
こちらの目をまるで見ない、あるいは、一瞥しただけで目をそらすことに
ひどく憤慨しているロシア要人の話が紹介されていました。

世界的に見ると日本人は、目を合わせない行為は得意だけれども
目を合わせる行為は不得手なのかもしれません。

ビジネスの世界に再び目を転じると・・・

「部下と目線を合わせて対話をしましょう!」
「お客様の目線で提案しましょう!」

このようなことは、どんな組織でも常識的に言われていることでしょう。

ところが、その「目線」の意味に
“物理的に目を合わせる行為”が含まれているかどうか?
疑わしい人や組織が存在するのも事実です。

物理的に目を合わせないことは、相手に対して無礼であるばかりでなく、
ビジネスにおいては、強力な武器を用いないことを意味しています。

もったいないので、もっと目に語らせむべし。
ユニゾンの書籍


『はじめての管理職100問100答』

(株)ユニゾン 堤幸政/河村亜紀 著

明日香出版社

QRコード
QRコード
最近のコメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
twitter