ユニゾンのENSEMBlog

「人と組織のマネジメント」にユニークな価値を提供し続ける企業
「株式会社ユニゾン」
マネジメント研修を事業のドメインに据える
同社の社長とスタッフたち(ときどき)とで綴るブログです。
頻度はそこそこ、中身は真面目にがモットーです。

トーク

景気はどうですか?

【PR】『はじめての管理職100問100答』こちらから購入できます!【PR】

「最近、景気はどうですか?」
ビジネスで人に会うと、このように尋ねられることがあると思う。

そんな時、私たちは「いやぁ大変ですよ。厳しいですねぇ…」
などとネガティブな?お答えは、原則しないようにしている。

これは、以前このブログにもエントリーした通り、
営業パーソンたる者、お客様先に明るい雰囲気をもたらすエバンジェリストたれ、
という思いがあるからだ。※過去記事をご参照下さい:『景気の悪い営業マン』

もちろん、その問いが真剣に発せられていると判断される場合は、
ネガティブな情報も真摯にご提供する。

けれどもそうでない場合、つまり、それほど重くない、
社交辞令や挨拶程度に発せられたこの種の問いに対しては、
可能な限り前向きにお答えしたいと、常々思っている。

さりながら、かようなご時勢に「絶好調です!」などと
お答えするのも、憚りがあることが多い。

そこで私たちが頻繁に用いるのが、
「いやぁ、相も変わらず貧乏暇なしですよ…」である。
これは相当にコテコテなカウンタートークではある。

しかし、商談の冒頭などで発せられる「景気はどうですか?」
という問いに対して、真面目に答えようとすればするほど、
暗くなってしまいがちな当世の世相をさらりと受け流すには、
格好のトークでもある。

このトーク、難を言えば、使う人を選ぶという点であろうか。
まず、見た感じで若い印象を与える人には似つかわしくない。
これだけのコテコテトークである。相応の年齢があるようだ。

最近ではこのトークの変形バージョンとして、
「貧乏暇なし、肥満あり」などいうトークもあるだに聞く。
体型的にもこのトークを操る資格を有する私としては、
早速マスターしようと、折に触れチャレンジしてみるのだが…

「いやぁ、相変わらず貧乏暇なしですよぉ、
 体重だけは右肩上がりで、肥満はあるんですけどねぇ…」

過度にコテコテなトーク、自虐的なトークは決して万人受けはしない。

私好みの営業電話

【PR】『はじめての管理職100問100答』こちらから購入できます!【PR】

昨日、unison1が投稿したような営業電話があるかと思えば…
本日、unison2が対応した営業電話は対照的に好印象でした。

その営業電話を振り返ってみて思ったのですが、
良い印象を与える営業電話にはいくつかのポイントがあるようです。
まったくの私感ながらも、ご参考までにご紹介しますと…

(1)第一声のトーンと話すスピード
   高い声よりは低い声、早口ではなく比較的ゆっくりと話された方が、
   私には好ましく感じられます。
   逆に軽薄に感じられる高いトーンで、早口にまくし立てる第一声は、
   “なんだか、うさんくさいな”と無意識に判断しているようです。

(2)簡潔なPR文句
   何を紹介しようとしているのか、こちらが明確に想像できる
   簡潔なPR文句を伝えてくれると助かります。
   逆に最初からダラダラと、当社に電話をかけた経緯や、
   売りこみたい商品・サービスの説明を始められるとウンザリします。

(3)事前準備
   中には、当社の情報をまったく知らずに営業電話をかけてくる
   会社もあります。「私どもの業務をご存じですか?」という問いに
   対して、「不勉強で申し訳ございません」では話になりません。
   「ホームページくらい見てから電話をかけてきてください!」と
   申し上げたくなってしまいます。
  
(4)淡泊なトーク
   これについては若干、説明が必要かもしれません。
   私に好印象を与えた今日の営業電話を下さった某セールス氏は、
   上記、(1),(2),(3)の条件をすべて満たしており、こちらとしては、
   面談のアポを依頼するトークが出てくることを想像していました。
  
   ところが、その彼曰く「お電話ではサービスの内容がわかりにくいと
   思いますので、河村様宛に資料をお送りしたいのですが…」とのこと。
   もちろん?名前の漢字を確認する“そつの無さ”も披露してくれました。
  
   肩すかしを食らった気分になりつつも、気持ちよく資料送付をお願い
   してしまいました。おそらく数日後、再び彼から電話があるでしょう。
   その際には、アポイントの約束をする可能性は高いと思います。
  
大体このようなポイントが、私好み?の営業電話であるようです。

ただし(4)に関してだけは、彼に好印象を抱きつつも、
一方では「営業マンだったら、いつでも“即決する”気概を持ってほしい!」
と思ってしまうあたりが、同じ営業パーソンとしての性なのでしょう。
ユニゾンの書籍


『はじめての管理職100問100答』

(株)ユニゾン 堤幸政/河村亜紀 著

明日香出版社

QRコード
QRコード
最近のコメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
twitter