ユニゾンのENSEMBlog

「人と組織のマネジメント」にユニークな価値を提供し続ける企業
「株式会社ユニゾン」
マネジメント研修を事業のドメインに据える
同社の社長とスタッフたち(ときどき)とで綴るブログです。
頻度はそこそこ、中身は真面目にがモットーです。

ものづくり

8年ぶりに…

【PR】『はじめての管理職100問100答』こちらから購入できます!【PR】

こう見えて?私は敏感肌の濃いヒゲおやじだ。

そのため、比較的多くの人目に触れるビジネスマンの身だしなみとして、
“いかに肌を傷めず深剃りを実現するか”を常に工夫している。
ヒゲを剃る道具にも相応のこだわりを持っているつもりだ。

そんな私が、8年ぶりに電気シェーバーを買い換えた。

以前使っていたのは、ナショナル(現Panasonic)の充電式シェーバーで、
“3枚刃+3Dフロートシステムの深剃り”を謳い文句にしていたモデル。
当時としては、このメーカーの最上位機種だったように記憶している。

8年も使い続けたことからお察しいただけるかもしれないが、
かなり気に入って使っていたシェーバーだった。それがここ数ヶ月の間で、
蓄電容量が減ってきてしまい、日常の使用に耐えなくなってしまったのだ。
おそらく蓄電池の寿命が原因であろうと判断し、買い替えを決意した。
ラムダッシュ4

新たに購入したのは、
元ヤクルトスワローズ監督の古田敦也さん、
ガンバ大阪監督の西野朗さんがCM出演している
Panasonicの『ラムダッシュ4 ES-LA90-K』。


ネット通販で、25,300円で購入した。


使い始めて1週間、これがすこぶる良い。
何がどのように良いのか、いくつか列挙してみると…

・肌に吸い付くような剃り心地で力を入れずにスイスイ深剃りができる
・駆動音が静かでヒゲを剃りながらテレビの音が聞ける
・充電して使用するだけではなくコンセントにつないで使用できる
 →連泊の出張が多い仕事柄、これは極めて安心でポイント高し
・蓄電池にリチウムイオン電池を使っていて、いわゆるメモリー効果がない
 →継ぎ足し充電を繰り返しても問題はない(らしい)
・その姿形はカッコ良くて握りやすい
・洗浄充電器は使ってみると意外に便利かもしれない

…と、今のところは良いとこずくめで非常に満足している。
難を挙げるとするならば、洗浄充電器の利用にはランニングコストがかかること。
但し、これも当初想像していたよりは安価なコスト(500円弱/月)で済みそうだ。

8年の歳月は、もう技術革新などあり得ないであろうと勝手に想像していた
電気シェーバーに、いくつものイノベーションを起こしていたようだ。
新しい電気シェーバーは、それくらいに技術の進歩を私に感じさせた。

やっぱり“ものづくり”は日本のお家芸だ。

衣替えのシーズンに思う

【PR】『はじめての管理職100問100答』こちらから購入できます!【PR】

暑がりの私も、先週やっと秋冬物のスーツへと衣替えをした。
週末は春夏物のスーツを抱え、近所のクリーニング店回りである。
私の自宅の近所には、4軒のクリーニング取次店がある。

各店とも書き入れ時に様々な割引サービスを打ち出しているので、
土日ともなると、どこの店員さんたちも忙しく動き回っている。
忙しいのはどの店でも同じなのだろうが、
この時期ほど各店のサービスに大きく差が出る時期はない。

最も大きな差は、お客1人あたりの対応時間の差である。
これは店員さんの経験と接客技量によるところが大きい。
衣替えのシーズンは色々な衣服が持ち込まれる。これらを“ちゃっちゃっと”
処理できるかどうかで、窓口でのお客の待ち時間が大きく変わってくる。

そして店員さんが複数いる場合、
きちんと分業ができているかどうかも重要なポイントだ。
クリーニング店には衣服を持ち込むお客と引き取りに来るお客がいる。
窓口でお客に対応した店員さんが、持ち込まれた衣服の処理と引き取りの両方に
対応している店では、往々にして待ち時間が長い。待ち時間が短いのは、
お客が引き取りに来た衣服を探す店員さんがいる店だ。

さらに、預かった衣服とクリーニングが完了した衣服を
どのように整理しているかも大きい。この点も店によって随分と違いがあるようだ。
特に引き取りに時間がかかる店は、間違いなく整理の仕方に問題がある。

“ものづくり”の現場同様、
クリーニング店も“5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)”が行き届いた店を
選ぶのが賢明である、というのが衣替えの度に感じることである。

鉄平の志

「華麗なる一族」が先日最終回を迎えた。
最高瞬間視聴率が関西で44.9%、東京で35.5%ということで、
ご覧になっていた方も多いのではないだろうか。

ドラマの時代設定は1970年代の高度経済成長期。
主人公の木村拓哉さんが演じるのは製鉄会社の役員・万俵鉄平である。

記憶が定かではないが、鉄平の台詞に
「資源のないこの国では物を作ることでしか海外に対抗できない。
企業が夢を見られなくなったらこの国はどうなるのでしょうか?」
というのがあった。

この言葉が頭に残っている。

私は日本人として“日本のものづくり”に誇りを感じている。
昨今、「各国の技術力が飛躍的に向上してきている」
とのニュースをよく耳にする。私は勝手に日本の行く末を不安に感じていた。

しかし最近、米消費者団体専門誌「コンシューマー・リポート」が
発表した2007年型モデルの部門別ベストカーにおいて、日本車が10部門すべてを
独占したというニュース(ニューヨーク2/28共同通信)に接した。

鉄平の台詞にこのニュースを思い出し、
彼が志していたものは確かに当時の先達の心に宿っていたのではないか。
そして、40年近い時を経た今、現実のものとなっているではないか。
そのことに私の心は震えた。

心で強く思っていることは現実となる、とよく言われる。
夢は大きく、そして心に強く持っていたい!
鉄平の台詞と“日本のものづくり”にあらためて触発された私である。
ユニゾンの書籍


『はじめての管理職100問100答』

(株)ユニゾン 堤幸政/河村亜紀 著

明日香出版社

QRコード
QRコード
最近のコメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
twitter