組織に活気がない原因は、様々考えられます。

例えば、業績がふるわない組織はどうしても暗い雰囲気になるでしょうし、
組織内のコミュニケーションに問題がある組織には活気が感じられないものです。
また、多忙な状況が続いていてメンバーが疲弊しているというようなこともあるでしょうし、
リーダーへの不信感がそのような状況を作りだしていることも考えられます。
いずれに原因があるにせよ、管理職は組織の雰囲気を変える手立てを講じなければなりません。
そのためのヒントとして、以下の4つの質問について考えてみてください。

〜反イ量榲と目標は共有されているか?
∩反イ量世襪づ庫召篭νされているか?
メンバーの一人ひとりに配慮がなされているか?
ぅ瓮鵐弌爾離譽戰襯▲奪廚鮨泙辰討い襪?

まず、,亮遡笋蓮∩反チ澗里量榲と目標、各メンバーの仕事の目的と目標
の2つが全メンバーにしっかりと共有されているか、を点検してみるということです。
特に、各メンバーの仕事の目的と目標は、本人が明確に引き受けた上で、
全メンバーのコンセンサスを得られていなければなりません。
そうでなければ、それぞれが孤軍奮闘の状態で、組織内の助け合いや
コミュニケーションも希薄になってきます。

また、△倭反イ瞭擦靴襪戮箸覆襪發里任后
これがわからなければ、毎日毎日何をやっているのかわからない、というメンバーが
現れても不思議ではありません。管理職は組織全体の明るい展望を粘り強く伝え続け、
例えば、各メンバーが「この仕事を半年続けていれば次のステップが見えそうだ」と
いう自分自身の明るい展望を重ね合わせられるよう働きかける必要があります。
 ↓△箸發法管理職が一度伝えれば共有されるものではありません。
最低でも月に一度は、管理職と各メンバー間で当初の目的と目標、展望に
立ち戻ってみる対話を設ける必要があるでしょう。

そして、はすべてのメンバーに管理職の気配りが行き届いているか、ということです。
一般的に、引っ込み思案のメンバーや目立たないタイプのメンバー、縁の下の力持ち的な
業務を担当しているメンバーにはスポットが当たらないことが多いものです。
管理職がそのような彼らの存在感を高めてやることで、組織の一体感が増すことがあります。
例えば、組織の定期ミーティングなどを利用して彼らにスポットライトを当てる
(皆の前で褒めるなど)ことも組織の活性化に繋がります。

い播生,靴燭い里蓮各メンバーが自分のレベルアップを感じているかどうか、ということです。
仕事を通して自分の成長を感じられていないとすれば、そのメンバーは
“穴を掘ってすぐに埋め戻す”というようなモチベーションで仕事をしている恐れがあります。
そのような状態が見受けられるようなら、管理職はすぐに手を打たなければなりません。
例えば、やれば必ず達成できる一段高い目標を本人に引き受けさせて皆の前で宣言させ、
その目標を達成した暁には皆の前で表彰するなど、組織全体を巻き込んで
レベルアップを感じさせる動きをつくるのも効果的です。管理職として大切なことは、
メンバーの成果に対してフィードバックを欠かさず行うということです。

上記の4つの質問をチェックして、管理職として思い当たる節があれば、
早急に動きを起こす必要があります。
いずれも管理職の権限の範囲でできることなので、すぐに取り組んでみてください。