本年最後の配信となる ユニゾンTOPICS Vol.22(12/27配信予定)に掲載する
「温故知新:マネジメント効率を高める7つの“S”」の全文を一足お先に公開します。

11年前の小論ではありますが、現在の職場にも通じる内容が多くあります。
技術がどんなに進歩しようとも、人間と集団に生じる事象に大きな進歩はない、
ということでしょうか・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・・・・・・・

「大企業病」という言葉は、最近ではあまり聞かれなくなった。
バブル崩壊後、リストラが徹底されてきたためだろうか。しかし、
現場に一歩踏み込んでみると、まだまだムダや脆弱さが目につく組織も少なくない。
かなり共通している傾向としては次のようなことが気になる。

1.不要ではないかと思われる業務が多い

なぜこんなに提出書類が多いのか。
このようなデータを集計し、分析して何に使われるのか。
会議の資料と称して何日もかけ作成したものが全然活用されない。
数十ページにわたる方針書は見栄えは良いが、
その組織の実態と比較するとあまり先行しすぎている…、等々。
細かな事まであげつらえば、きりがないくらい多くある。

2.業務が細分化され、人が増える傾向は依然として残っている。
  特に大手企業の場合は、スタッフがやはり多いようである。


リストラの進行で、直間比率がかなり見直されてきたが、
それでもまだ付加価値を生まない業務に携わる人は数多いように思われる。
スタッフの数とラインのデスクワーク量はどうも正比例の関係にあるようだ。

3.職場のコミュニケーション障害で、エネルギーが浪費されている

コミュニケーションが上手く図れないで生じる職場内の軋轢や問題が、
どのくらい生産性を阻害しているか、測定のしようもないが莫大な量になる事だけは
間違いない。かと言って、お互いの意思疎通に神経質になりすぎると、
逆に生産性は下がることにもなる。まことに厄介な問題である。

マネジメントの効率を上げるために、
過去数多くの手法が唱えられ、そして消えていった。
これからも新しいやり方や考え方が出てくるだろうが、
他方では念仏のように唱え続けて意識づけをしておくことも忘れてはならない。
ここでは、極めて当たり前の事ではあるが、
“7つのS”という形で念仏を提案したい。

1.ショート(Short)
短い、足りない、短縮した

コミュニケーション経路はとにかく短くすることが重要である。
中に人が介在して多重化すると必ずおかしくなってくる。
ヒト、モノ、カネ等も少々足りないくらいが望ましい。
知恵を出すには有り余る状態におかないことである。
納期もショートが良い。長い時間かければ良い結果が出るということではない。

2.シンプル(Simple)
簡単な、易しい、質素な、気取らない

「頭の悪い奴は単純なことを複雑に考え、頭の良い奴は複雑なことを単純に考える」
と言われるが、すべてにおいてシンプルに、が経営の要諦といえよう。
伝える場合は易しく伝える。方針書、計画書、稟議書、標準書等々
「書」のつくものは極力易しく、しかも簡単にすることである。
もちろん組織機構もシンプルであるに越したことはない。

3.スモール(Small)
少数の、少量の、小規模の、小さくて狭い

元ボーリング場をそのまま倉庫代りに使っていた会社が倒産したケースがある。
過剰の在庫がその原因のひとつであった。
ラージ(Large)な場所だと余分なものまで置いてしまう。
「小さな本社」とよくいわれるが、全くその通りである。
スパン・オブ・コントロール(管理の限界)もやはりスモールが望ましい。

4.スピーディー(Speedy)
きびきびした、敏速な、即時の

ユニゾンでは「すぐに動いて、第一結論を早く出す」ということを大切にしている。
どういう結論であろうが、とにかく早く出せば、修正、修復の余地もあるわけである。
仕事ぶりの善し悪しは結果を見なければわからないことも多いが、
職場内での歩く速度で推測できることも多い。
スピーディーに歩いている職場は大体において活気がある。
売れる営業マンには早足が多い。

5.ステディー(Steady)
着実な、堅実な、むらのない、しっかりした

創造とか挑戦という姿勢は大切だが、
反面、堅実に、地道に努力する姿勢も不可欠である。
何をやっても三日坊主になってしまう、途中でなし崩しになってしまう、
ということがあまりに多過ぎる。生産現場や工場現場のような所では、
特にステディーな仕事ぶりが要求される。

6.ストリクト(Strict)
厳しい、正確な、精密な、完璧な

明るく楽しい職場づくり、という声がよく聞かれる。
しかし、それだけではまず生産性は上がらない。一方では緊張感が必要である。
そのためには凡庸な仕事は許されないという厳しさが職場のムードとして大切になる。
自分自身に対してもストリクトでないと自己管理も上手くいかなくなってしまう。

7.シンクロナイズド(Synchronized)
(ある行為とある行為が)同時的な、(映像と音声が)同調した

シンクロナイズド・スイミングのように調和の取れた動きが出来れば
マネジメントはこの上もなく楽になるのだが…。
生産と販売、開発と販売、購買と生産、上と下等々
すべてにおいてシンクロナイズドが本来求められている。
商品開発で納期遅れが多発するのも、
各担当プロジェクトが同時的に進まないことが原因の大きなひとつになっている。
映像と音声がチグハグになっていないかどうか、マネジャーの腕の見せどころである。