私は普段、自社の営業としてお客様に接する以外にも、
『営業代行サービス』として、お客様の製品やサービスの販売活動を
請け負って営業を行うこともある。

それぞれのお客様のご要望は様々であるが、営業に課せられる
成果は数字である。
成果はシンプルであるが、そこに至る活動は組織によって多岐にわたる。
コンサルテーションを行ったり、マーケティングを担っていたり。
広報・サポート・企画・相談相手・社内調整・苦情受付・各種責任者など…。

商品によって、組織によって、お客様が営業に求めるものは違う。
その結果、営業はお客様の求めるサービスを提供しようと、
様々な業務のエッセンスを持たざるを得ない。

しかし、営業はスーパーマンでもなく、ただの人間である。
ただの人間だからこそ、相手に合わせてフレキシブルに動く。

目を見張るようなプレゼンテーションをするわけでもなく、製品知識が
ずば抜けている訳でもないけれど、その営業マンが担当を外れたら
顧客が離れてしまったというようなことが多々ある。

昨今、仕事を標準化し、目に見える形に洗い出しましょうという
動きが広まっている。
次世代の育成や業務を最適化する際には大切なことだと思う。

ただ、全てを形式知化することに気を取られて、決して目に見える形に
ならないものもあることを忘れては、足下をすくわれかねない。

(unison2)