(unison3)

先日放送されたNHKの番組で
来春卒業を迎える学生達の就職活動の様子が取り上げられていた。

新卒の就職活動は長かった氷河期のトンネルをやっと抜け出して
今年あたりからは売り手市場とも言われているが、
当の学生達にはそんな印象は薄いようだ。

その背景には、今年の就職活動の大きな特徴として、
これまでよりも学生の人気が一部上場企業を中心とした
「大きく安定している」企業に集中していることあるらしい。

いつの世も新卒者の就職活動はその時々の経済情勢に否が応でも影響を受けるもの。
私などは卒業のタイミングがバブル期でなかったら
意中の会社に入社できていなかったかもしれない。

少し前までは、そもそも大手企業への就職が非常に困難だったこともあって、
「どこに入るか」よりも「何をしたいか」に価値を見いだす学生が多かったように思う。

それが昨今の「勝ち組」「負け組」の表現に象徴されるように、
良くも悪くも世の中を二極分化したがる傾向が、
「とにかく名前の通っている会社に入りたい」
と考える学生を増やしているのかもしれない。

「就職」か「就社」か。

私自身の経験から言えるのは、いくら周囲が羨むような会社に入っても、
正に「就社」したような人間には大した成長は期待できない。

本当に大事なのは、そういった「飾り」を外しても、
社会に通用する人間であり続けられるかどうかではないだろうか。