最近話題の日本版SOX法。別称、J-SOXとも呼ばれている。
エンロン事件などの企業の会計不祥事に端を発し、2002年7月に
米国で成立した企業改革のための法律。
今年中には制定され、2008年3月から適用される予定。

既にSOX対応を行っている米国企業の方々が口を揃えて
おっしゃるには「とにかく大変。」とのこと。
言うまでもなく、“不正がしづらくなった”為ではない。

企業活動をしている以上、業務負担が増えようとも、疑う余地も
与えぬよう、常に一目瞭然にしておくべきということなのだろうが、
少し違和感を覚える。

一部の悪意ある人間のために、社会全体が重荷を背負った感が否めない。
小学生の頃、クラスの一人が掃除をさぼったため、クラス全員が
一から掃除をやり直したことを思い出す。

性善説や性悪説ではなく、性弱説を唱える方からすると
魔が差さないための予防線だと説明されるだろう。
くだらない不正で価値ある企業がダメージを受けないように、また
犯罪者を増やさないように…という優しさともいえるのか。

日本においては、基本的要素の6番目に「ITの活用」が盛り込まれ、
これをきっかけに企業のIT化も進めたいという思惑もあるのだろう。
IT業界やコンサルティング業界などにおいては、特需ともいえるので、
喜ぶ人間も多くいるだろう。

不正を行っている人間や企業には是非、メスを入れてほしいし、
そういった人間が存在し続けられる社会は変えるべきである。

ただ、本来の生産的で価値のある企業活動を妨げるような、
規制の色ばかり強い法律にはしてほしくないと願う。