ホームページに講師の顔写真を掲載する予定です。
今日はその撮影の日。

昨年、ホームページリニューアルの際に撮影をお願いした、
プロカメラマンの前川さんに、今回も撮影を依頼しました。

にわかモデルの講師陣は、ひどく落ち着かない様子。

300563f2.bmp
「はい、少し笑ってくださーい」

「あ、その表情いいですよ」

「いいですねぇ。もう少し撮りましょうか!」

巧みに緊張をほぐしていく前川さん。
その横で、必死に笑いをこらえる外野陣。


そんな調子でしたが、さすがはプロのカメラマン。
撮影した写真を見せてもらうと、どれも被写体以上に良く撮れている。
(中にはショックを受けている講師もいましたが)

55f4cb31.bmp撮影が終わって、カメラマンという仕事について伺ってみると、

「とにかく写真が好きでこの仕事をしているけれども、常に
 良い写真を撮ることを期待される辛さはある」そうです。

「環境が整わない状況下でも、結果を出さなければならない」
 とおっしゃっていました。

どんな仕事でも、様々な制限の中でベストな結果を出す。
それがプロの仕事なのでしょう。

前川さん、ありがとうございました。